Top >  シューズ・ソックス >  靴選びのポイント

靴選びのポイント

          (靴の写真をクリックすると詳しい情報が見られます)

 

靴はウォーキング用のものが多数売られているので、
とりあえずはその中から選べば良いのですが、
5キロ、10キロ程度の短い距離を平均時速4キロ程度で歩くにはそれで良くても、
20キロ以上の距離を平均時速6キロ以上で歩くようになると、
いろいろと問題点が浮かび上がってきます。

そこで、靴を選ぶ際のポイントを確認しておきましょう。


▼サイズ(長さ)

サイズはつま先に当たらず、5ミリから1センチくらい余裕のあるものが適当です。
普通に歩いていてつま先が当たって痛めるだけでなく、
路面の石などにつまずいた時につま先をケガすることがあるので、
つま先の余裕と、硬さのあるものが望ましいと思います。


▼横幅

横幅はあまりきつ過ぎるのは問題外ですが、
歩いていて靴の中で足が左右に自由に動くようだとある程度の距離を歩くと
それが豆の原因となるので注意が必要です。

試し履きでちょうど良くても、歩いているうちに足がむくんでくるので、
靴ひもなどで簡単に緩められるようにできることも必要です。


▼つま先の外側

つま先は指の当たる部分の外側が厚くて硬くなっているものにしましょう。
歩いていて石などにつまづいた時、指先を痛めるのを防止してくれます。
歩いている途中で指先を痛めてしまうと、
仮にケガをしなくてもその先歩くのが大変辛くなります。


▼かかとの素材・形

足のかかとに当たる部分の形と素材も注意するポイントです。

かかとの後ろ側が高すぎたり内側に曲がっていたりしてホールド感が良すぎると、
歩いていてその部分がかかとに当たり、痛い思いをします。

また、かかとに当たる部分が全く滑らないクッション性のある素材だと、
靴下のかかとの少し上の部分にすぐに穴があいてしまうのと、
靴のその部分がすり減って穴があいてしまいます。

試し履きをしてみて、つま先を延ばした時にかかとの後ろが当たるようだと、
歩いていてその部分が痛くなってしまいます。

また、かかとの内側の素材は全く滑らない布製より、柔らかい革製のものがお勧めです。


▼中敷きの素材

中敷きは靴下との相性が重要です。
良く履く靴下で滑らないか確認する必要があります。
逆に摩擦が大き過ぎて全く滑らない素材だと、靴下が長持ちしません。

また。靴が少しゆるかったり、中敷きがあまりに滑りにくい場合は、
靴下の底に当たる部分のうち、土踏まず以外の部分がすり減りやすくなります。


▼靴底の素材

靴底の素材は、あまり滑らないようだと、
歩いていて路面との摩擦が大き過ぎるため、
つまづいて転倒する恐れがあるので注意しましょう。

なお、履いていて靴底が少しすり減るとその心配がなくなる場合もあるので、
新品以外ではそれほど気にしなくても良いかも知れません。

また、安い靴に良くあるケースすが、履いているうちに素材がくたびれてきて、
へこんでしまいます。歩いていて靴が妙にブカブカになったと感じたら寿命です。


▼インターネットで安心して購入できます

ネットオークションなどでは安く靴を購入することもできますが、
購入先がどんなところか分からず、失敗することが多いようです。

例えば、こんなことが起こります。

 ・思った通りの靴ではなかった
 ・色や型番の違うものが送られてきた
 ・靴の状態が悪かった
 ・代金を振り込んだのに商品が送られてこなかった

その点、しっかりとしたオンラインショップを利用すれば、
そんな心配は一切不要で、安心して靴を購入することができます。

 

安心のオンラインショッピングはこちら⇒  登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】

 

例えばこんな靴があります (靴の写真をクリックすると詳しい情報が見られます)

男性用トレッキングブーツ  女性用トレッキングブーツ 

男性用ウォーキングシューズ 女性用ウォーキングシューズ

 

 

安くて人気のこの製品も初心者にはお勧めです。 (画像をクリックすると詳しい情報が見られます)

 

男性用バイオフィッター・ハイドロテック


女性用バイオフィッター


 

これ以外にも多数あります ⇒自分に合った靴を探す

 <  前の記事 自転車や徒歩でも使えるカーナビ  |  トップページ  |  次の記事 おでかけに適したソックスとは  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」