Top >  シューズ・ソックス >  おでかけに適したソックスとは

おでかけに適したソックスとは

ソックス(靴下)はその素材選びが重要になります。

ストッキングのような薄い素材は男性用の靴下に多いようですが、
歩いていて靴の中でつるつる滑るので絶対に避けましょう。

逆に、スキーや登山用の厚手のソックスは、
靴が窮屈になってしまうので、あまりよくありません。

ある程度の厚みのある普通のソックスくらいが無難です。
ユニクロで4足1000円くらいで売られているものでも
必要最低限の機能を果たすので十分かと思います。

また、できればオーロンなど速乾性素材のものがお勧めです。


これについても、ユニクロでドライタイプのソックスが売られています。

「ドライデオドラントソックス」という商品名で売られており、
値段は2足で1000円くらいしますが、
それでもまだまだ安くて重宝します。

この商品は、水分をすばやく吸収して乾燥させる「ドライ機能」と
汗など空だから出る臭いのもとを中和・分解する「消臭機能」を備え、
選択しても機能は衰えないため、かなりの優れものです。

それとは別に、ユニクロでは「歩くためのソックス」を新たに発売しています。
「コンフォートサポートソックス」という商品名で2足組990円です。

私はまだ、試していませんが、注目の製品です。

ユニクロの「ドライデオドラントソックス」と「ドライデオドラントソックス」

どちらを選ぶか、大いに迷うところです。

 

この手のソックスは、ユニクロ以外でも販売されていますので、
一度チェックされてみてはいかがでしょうか?

なお、使用する靴によっては靴の中敷きとの相性があるので、
あらかじめ組み合わせを試しておくことをお勧めします。

 

これ以外にも多数あります ⇒他の製品を見る

 <  前の記事 靴選びのポイント  |  トップページ  |  次の記事 インナー(シャツ、パンツ)の選び方  > 


▼お出掛け関連相互リンク

【お出掛け全般】
「お出掛けに!お得なきっぷ」
「一度は訪ねたい魅力コース」
「必須アイテムと便利グッズ」
「名所旧跡・話題のスポット」

【花と自然】
「手軽な花めぐり」
「自然を楽しむ山里歩き」
「訪ねてみたい花の公園」

【水辺の風景】
「珍しい橋めぐり」
「木の橋」
「水辺の風景を楽しむ」
「渡し舟に乗る」

【その他】
「東京近郊の街並み」
「鉄道会社のお勧めコース」
「夏でも涼しいコース」
「樹庵 ジュアンファンダシオン」

【個別テーマ】
「富士山金運ハイキング」
「三島・沼津周辺山里歩き」
「鳴門の渡船」
「四万十川の沈下橋」
「矢掛町の流れ橋」